おせち料理 お雑煮 正月料理の意味と由来

お正月に欠かせないのは、おせち料理お雑煮ですね。どこの家庭でも昔からお正月の食卓に必ず並べられているかと思います。

そんな定番お正月料理ですが、意外と知らない意味由来をまとめてみました。

スポンサードリンク






おせち料理の由来


『おせち』は漢字で『御節』と書きます。もともとおせちとは節供(節句とも言う)料理のことで、『五節供料理』の一つなのです。

五節供とは、1月1日の『元旦』、3月3日の『ひな祭り』、5月5日の『端午の節句』、7月7日の『七夕』、9月9日の『重陽』の五つの節供を言います。

五節供料理は昔から神様にお供えしたり、お祝いで食べたご馳走のことなんですね。


おせち料理はなぜ重ねるの?


おせち料理と言えば重箱に詰めて、重ねて用意されていますよね?

あれは『めでたいことを重ねる』と言う意味からです。

本来は四段重が正式ですが、現在は家族構成の変化等から三段重の家庭が多いそうです。


おせち料理に日持ちする食材が多い理由は?


『年神様をお迎えした新年から台所を騒がせない為』

『荒神様(火の神様)を怒らせないようにする為』

と言われていますが、

実際のところは、毎日ご飯を作ってくれる女性に、正月くらいは休んでもらおうという風習からです。


お雑煮の由来


正月料理の定番であるお雑煮にはお餅が欠かせないですよね?

これはお正月に年神様にお供えしたお餅を、家族で分けて食べることで、その年の繁栄や豊作が得られるからです。

また、お餅は良く伸びることから、長く生きるという願いも込められているそうです。


スポンサードリンク





この記事へのコメント