私的お金が貯まる7つの習慣~〆のラーメンは心と内臓脂肪を満たす至福の味


平成最後の元旦、三が日も終わり1月4日から仕事始め…という方も多いのではないでしょうか。

楽しい正月休みが終わって、ふとお財布を見ると、お金がない!

年末年始はなにかと出費がかさむものです。

そこで日常の生活スタイルを改めるだけで出費を抑えることができる、私的お金が貯まる7つの習慣を紹介したいと思います。







①自動販売機でジュース買わない


はい、よくやっちゃいますw

外出したときとかつい自動販売機でジュースやお茶って買いますよね。

自動販売機のジュースって150円くらいするじゃないですか。

ウチはお子ちゃまが2人いるから150円×2=300円の出費。

最近は出かけるときに自分用の水筒と、子供たちにも水筒を持たせるようにしました。


②目的なくコンビニいかない


コンビニに行くとついでにあれもこれもと買いたくなるんですよね。

私はファミマに行ったら「ファミチキ」、ローソンに行ったら「からあげクン」、セブンイレブンに行ったら「ナナチキ」が定番でした。

ついで買いの宝庫であるコンビニには「○○を買う」という目的があるとき以外には行かないことで無駄な出費が確実に減ります。


③洋服は最低限をローテ


洋服は最低限あればよい。

ローテーションで着回せば何着も洋服がなくても結構いけます。

もちろん冠婚葬祭やドレスコーデは別で、日常で着る普段着レベルの話です。

買ってから1、2回しかクローゼットに着ていない!という経験って誰しもありますよね。


④タバコは百害あって一利なし


タバコはダメ!くさい!部屋が汚れる!健康に悪い!

ウチのパパも以前はタバコを吸っていましたが、子供ができたタイミングでやめてくれました。

2018年10月の増税により1箱500円時代に突入したことで悲鳴を上げる喫煙者の方も多いのではないでしょうか。

日本のタバコ税は63%で先進国の中では低い方で、1番高いデンマークは85%なんです。

つまりまだ増税の伸びしろがあるということ。


⑤家飲みはストロングゼロ


コスパ最強のストロングゼロは庶民の味方。

家飲みならアルコール度数9%のストロングゼロがあれば少量でも酔える。

私はロング缶だと2本で気持ち悪くなります。飲みすぎにはご注意!


⑥固定費は毎月確認して断捨離


電気、ガス、水道、電話料金など毎月かかる固定費は検針票などで使い過ぎていないか確認していますか?

私は東京ガスと電気をまとめているので、スマホアプリから毎月の電気・ガスの使用量や料金、前月比や前年比でチェックしています。

毎月の使用料を把握することで断捨離、つまり不要なものを減らしていくことができます。


⑦物欲が満たされることはないと知る


「これが欲しい!」「これがあれば満足!」

そう思っていたはずなのに、不思議なもので買えば買うほど物欲が出てくる…そういう気持ちわかります。

洋服、アクセサリー、靴、バッグなどなど、新しいモノを手にした時の高揚感ってありますよね。

しかし長くは続きません。手にした瞬間から別の欲求が溢れてきます。

つまりそれって買う行為そのものだけを楽しんでいるんですよね。

買っても買っても満たされることはなく、逆に欲望が刺激されてまた他のモノが欲しくなる。

しかし不要なモノを手放して、本当に持っておきたいモノだけを手に入れる習慣をつけると、逆に心が満たされます。


まとめ


「意識が変われば行動が変わり結果が変わる」

これは職場の上司によく言われていた言葉です。

当時はあまり響かなかった言葉でしたが、結婚して子供が生まれて年齢を重ねた今では当時の上司が伝えたかったことがわかるようになりました。

何事も「本気」で取り組めば行動が変わります。そうすれば必ず結果も変わってくるはず。

さいごに、サブタイトルの「〆のラーメンは心と内臓脂肪を満たす至福の味」という言葉に深い意味はありません。そのままの意味です。

私はだいたいその誘惑に負け、翌日後悔します。。。


あなたにおすすめの記事



この記事へのコメント