初詣とはいつまでのこと?元旦に行かないと意味がない?

新年の最初のイベントと言えば、初詣です。

最近では元旦からお仕事、という方も多いですが、いつまでに行くべきなのかをまとめてみました。







年始行事の初詣とは?


お正月の行事として、昔は近所にある『氏神』を祀る寺社へ、1年の無事を願いにお参りをしていました。

そこから、その年の恵方にあたる神社や寺院へお参りに行く『恵方参り』となり、『初詣』と言われるようにうなりました。

恵方とは、その年の年神様がいらっしゃる方角のことで、縁起が良いとされています。

ちなみに、2018年の恵方は南南東です。

現代は、恵方に限らずに自分に合った、御利益のある神社や寺院にお参りに行くことの方が多いです。試験のある方は学問の神様のある神社や、出産前の方なら安産祈願の神社ですね。


初詣は神社?お寺?どこに参拝すべきか


1年の平穏無事を祈願する初詣ですが、神社でも仏様(ご本尊)のいるお寺でもどちらでも大丈夫です。

詣でる寺社の選び方ですが、地域の守り神である氏神様にお参りするのが基本です。まずは地域の氏神(家の近くの神社)にお参りし、有名な神社仏閣に詣でたいならその後に行くと良いです。

お寺の場合には菩提寺(自分の家が檀家となっている寺)があるなら、まずそこに詣でましょう。


初詣はいつまでに行くべきか


初詣はいつからいつまでに行くべきという明確な決まりは特にありませんが、一般的には元日から1月3日までの『三が日』か、1月7日までの『松の内』の間に参拝する方が多いです。

ちなみに松の内とは、年神様をお迎えする為の門松や鏡餅を飾っている期間の事を指し、年神様が山(天)に戻られる1月15日までとされてきましたが、江戸時代から松の内は1月7日まで、鏡開きは1月11日と定着しました。


まとめると


初詣は必ずしも元旦に行けなければならないものではなく、一般的には1月7日までの間に、近所の神社へ、1年の無事を祈るために参拝しましょうね。




この記事へのコメント