「恵方巻き」の名付け親はセブンイレブン!?意外な由来とは?

節分の日に、その年の恵方を向いて食べると縁起がいい!

と言われている恵方巻きにはいったい、どんな由来があるのでしょう?

恵方巻きの風習はいつ、どんな風に始まったの?

どうして、巻き寿司を恵方巻きと呼ぶようになったの?

そんな、素朴な疑問をお持ちではないですか?

スポンサードリンク






恵方巻きの由来とは?


節分の日に、恵方を向いて恵方巻きを食べる風習はいったい、いつからあるものなのでしょうか。

恵方巻きの由来は、諸説あります。

古くは、戦国時代(1467年~1576年)とも言われていますが「巻き寿司」が文献に登場するのは、安永5(1708)年であるためそれ以前にあったということは考えられません。

今のように、節分の日に巻き寿司を食べる風習は大正初期から見受けられるようになります。

節分は、ちょうどお新香が漬かる時期なのでお新香を巻いた海苔巻き寿司を恵方に向かって食べ、縁起を担いだのだそうです。

ただ、この風習は、主に花街で行われており庶民に浸透したものではありませんでした。

戦中戦後と、暫くの間廃れていた恵方巻きの風習ですが、昭和24(1949)年、大阪鮓商協同組合の理事会で復活させることを決定します。

「土用の丑の日のうなぎの蒲焼」に対抗する販売促進手段としてでした。

節分のある2月は、どんな商売も1年のうちで、客足が一番少ない時期ですからお寿司屋さんも、何かしらの集客手段が欲しかったのかもしれません。

この頃から、少しずつではありますが「恵方に向かって巻き寿司を食べて幸運を呼び込もう!」という、宣伝活動が行われるようになります。

昭和52(1977)年に大阪・道頓堀で開催された「海苔祭り」のイベントの1つとして「巻き寿司の丸かぶり早食い競争」がありました。

そのイベントがマスコミに取り上げられると全国の海苔祭りでも同様のイベントが行われるようになり広く知れ渡っていきました。


コンビニ販売が始まる


コンビニでの節分巻き寿司販売というと、セブン-イレブンをイメージする方が多いのではないでしょうか?

実は・・・

節分巻き寿司販売は、ファミリーマートが最初に始めたものになります。

昭和58(1983)年、大阪府と兵庫県での発売でした。

セブン-イレブンが販売を開始したのは、平成元(1989)年のこと。

序所に販路を拡大したセブン-イレブンは、他のコンビニに先駆けて、平成10(1998)年に全国販売を開始します。

その後、ローソン、ファミリーマート、am/pm、サークルKサンクスが次々と全国販売を展開し、現在に至ります。


恵方巻きの名付け親はセブンイレブン?


「恵方巻き」は、もともと「節分の巻き寿司」や「幸運巻き寿司」と呼ばれていました。

その後、丸ごとかじることから「丸かぶり寿司」とも呼ばれるようになります。

恵方巻き」という名前は、先にある平成元(1989)年のセブン-イレブンでの発売で、初めて登場します。

当時、節分巻き寿司を販売したのは広島県内のセブン-イレブンでした。

その店舗の個人オーナーが節分巻き寿司を、大阪の「縁起のいい風習」として紹介し、商品名を「恵方巻」としたのです。

その後、節分巻き寿司は恵方巻きとして定着し、現在では、オーソドックスなものからアレンジ商品まで多彩な展開を見せるようになっています。

ちなみに・・・

恵方巻きの名付け親である個人オーナーは、

大阪出身だったとか・・・。


まとめ


節分の日に食べる恵方巻きの由来とは、コンビニチェーン店が節分向けに作った巻き寿司を「恵方巻き」と名前を付けて、「恵方に向かって巻き寿司を食べて、幸福を呼ぼう」と大々的に販売したことで、現在のように広く定着したと考えられています。

由来は諸説ありますが、四季のある日本だからこそ、季節の変わり目にあたる「節分」に、縁起を担いで「恵方巻き」を家族と食べるのもいいですよね。


スポンサードリンク





この記事へのコメント