節分恵方巻きの正しい食べ方とルールとは?

節分に縁起物として食べられる太く巻かれた恵方巻き

縁起を担ぐにはどうやって食べればよいのでしょう?恵方巻きの正しい食べ方とルールをご紹介します。

スポンサードリンク






恵方巻きの由来とは?


もともとは太巻きには7種類の具材を使うとされています。

この7という数字は七福神に関係した縁起物とされてきました。しかしながら、節分に恵方巻きを食べるのは日本全国に昔からある風習では無かったようです。

これほど恵方巻きが日本全国に広まったのには理由があります。

日本のバレンタインデーなんかと一緒で、販売業者さんが商品を売るために始めていったのがきっかけと言われています。実際に恵方巻きは2002年には日本では50%くらいしか認知度がなかったのですが、2006年には90%以上の認知度となりました


恵方巻きの具材にも意味はある?


恵方巻きの代表的な具材について意味を調べてみました。

きゅうり →青鬼に見立てて「鬼を食べる(退治する)」「九の利を得る」という意味から、利益を得られるように

桜でんぷ →赤鬼に見立てて「鬼を食べる(退治する)」

かんぴょう →昔は高級で上品な食べ物だったので縁起物とされている

穴子 →その長い姿から「健康で長生きできる」

うなぎ →うなぎのぼりから、出世を祈願する意味

たまご →金運UP

えび →エビの姿から、腰が曲がるまで長生きできるように

しいたけ →元気・壮健への願い

ちなみにサーモンやいくらなどは、彩りが華やかになるので入れられているようです。


恵方巻きはその年の恵方を向いて食べるべし!


恵方巻きのルールその1・・・恵方をむいて食べる事!

恵方巻きはその年の恵方(幸運の方角)を向いて食べます。

神様がいらっしゃる、恵方をむいて、食べている間はその方向だけを見ること。よそ見をしてはいけません。そうでないとご利益を得ることが出来ないそうです。

2017年の恵方は「北北西」です。

今年はみんなで「北北西」を向いて恵方巻きを食べましょう!


恵方巻きは黙って食べるべし!


恵方巻きのルールその2・・・恵方巻きは黙って食べる事!

恵方巻きを食べるときは、黙って食べましょう。

食べ終わるまで黙って食べないと、ご利益を得ることが出来ないそうです。丸ごと食べ終わるまで、静かに恵方巻きを全部食べましょう。

もちろん、恵方巻きを食べ終わった後は、家族やお友達と楽しくおしゃべりを楽しみながら、残りの食事をしてください!

恵方巻きは一気に食べるべし!


恵方巻きルールその3・・・恵方巻きは一気に食べる事!

恵方巻きを食べるときは、上品に切り分けたりせず、一本をがぶっと一気にいただきましょう。

途中で休んだりすると、やはりご利益がなくなってしまうんだそうです。

食べる前に恵方を向き、深呼吸。食べ終わるまでそのままの方向を向き、一気に一本いただいてください!一気に食べることが大事なので、お子様用は少し細めに巻くといいです。

さあ、これで皆さま恵方巻きの食べ方は分かりましたか?今年はきちんと、正統の恵方巻きの食べ方でいただきましょう。これでみなさん、恵方巻きの知識はばっちりですね!


スポンサードリンク





この記事へのコメント