成人式の髪型服装は何がおすすめ?成人の日までに用意準備すること

成人式とは、「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝いはげます」ために各地域で新成人を招いて行われるイベントです。

成人式では地元の友人との再会など楽しみな反面、新成人としての初イベントですので、マナーや事前の準備も必要になります。

成人式での服装や髪形、事前に用意準備するべきことをご紹介します。

スポンサードリンク






成人式までに準備すること


成人の日は、前年の成人の日の翌日から、その年の成人の日までに誕生日を迎える人を祝う日でしたが、2000年からは前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を対象(学齢方式)に定着しました。

女性の方で振袖をレンタルで考えている方の場合、肝心の予約の時期ですが、前年の成人式直後からすでに始まっています。早い時期にレンタル予約をしないと、人気柄がほぼ成約済み、なんてことになります。

振袖のレンタル料金の相場は、3万円から数十万円の高額なものまでありますが、小物類やヘアメイク、着付けなどがセット料金になっていることがあるので、予算と相談して事前に確認が必要です。

男性の方の服装はスーツが一般的ですので、急いで準備をする必要はありません。ただし、袴のレンタルを考えている場合には、女性と同様に半年くらい前から準備することをおすすめします。


成人式の出席率


最近は成人式に興味が無い、面倒くさいからと出席しない方も多いようですが、実際には80%程度の方が出席しています。

成人式は一生に一度の舞台ですから、出席されなかった方は後々同窓会などで成人式の話題がでると少し後悔するかもしれません。女性の場合は、成人式そのものより振袖を着る機会があまりありませんから、そういう意味での後悔があるようです。


成人式当日


当日は着付けや支度に時間がかかったり、混雑したりと予定通りに進まない可能性が高いですので、充分に余裕を持った行動が必要です。朝からバタバタしなり、遅刻しないいように前日までにしっかり準備をしておきましょう。

式は1時間程度で終わり、その後集合写真を撮影したり、各地域のイベントに参加したりします。二次会に同窓会が行われることも多いですので、スケジュールも確認しておきましょう。


スポンサードリンク





この記事へのコメント