歯医者の麻酔で2歳女児死亡…子供の虫歯は親のせい?


歯医者で死亡事故とか想像できない出来事に、かなりかなり衝撃です。

福岡県内の歯科医院で昨年7月、虫歯治療のために麻酔を注射された2歳の女児が治療後に急変し、死亡する事故がありました。

私も子を持つ親です。このような事故は本当に、絶対にあってはならないことです。

あまりにも痛ましい結果に言葉もありませんが、歯科治療が原因とされる死亡事故は極めてまれなので、再発防止の一助になれればと思います。








歯科医麻酔で2歳女児死亡というショッキングな事故が発生



ニュース内容をまとめると

  • 亡くなったのは「2歳女児」
  • 治療は福岡県内の「小児歯科医院」
  • 使われたとされる麻酔薬は、局所麻酔剤として世界中でもっとも使われる「リドカインを成分とする麻酔薬(商品名:キシロカインなど)」
  • 亡くなったのは治療の2日後

報道によりますと、福岡県内の小児歯科医院にて、当時2歳の女の子がネットで抑制した状態で、 局所麻酔をしてむし歯の治療を受けたあと、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態に。

付き添っていた両親が歯科医に異変を訴えたところ、院長は「よくあることだ」と言うばかりで、医療措置など何もとらず。

異変発覚後のおよそ45分後に両親が近くの病院に運びましたが、意識は戻らず、その2日後に亡くなりました。

司法解剖の結果、死因は麻酔中毒による低酸素脳症と判明。

現時点では、歯科治療と死亡との因果関係は不明であり、現在業務上過失致死の疑いで慎重に捜査しているとのことです。

※詳細は随時更新していきます。

参考記事:元歯科院長を書類送検 福岡2歳女児死亡【産経新聞】
参考記事:歯科麻酔、2歳死亡 両親「寝てるだけと手当てされず」【朝日新聞】
参考記事:国分太一 虫歯治療で2歳女児死亡に怒り「こんなに悲しいことはない」【livedoor NEWS】


2歳女児のあまりに早すぎる死の裏側で浮かぶ疑問


なぜ歯科医師は治療後の異変に対して適切な処置をしなかったのか



治療終わって子供がぐったりして様子がおかしいのに「疲れているだけ、よくあること」で済ませて何もしない医師、親としてふざけるな!と言いたい。ホント言いたい。

歯科医師は歯科しか知りません

で良いのだろうか?そもそも虫歯治療にだって麻酔使うのだから万が一の危険な容態を知らないのもどうかと…

親はちゃんと仕上げ磨きしてなかったのか?



生後8ヶ月〜2歳半頃までの時期に乳歯が生え揃います。

生えたばかりの乳歯は柔らかいので虫歯になりやすく、まだ自分一人で歯磨きができない子供には親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげなくてはいけません。

2歳児の虫歯治療に麻酔は必要なの?



2歳児の小さな体に麻酔ってだけでその必要性に疑問なのだが…。

しかも50分に渡る治療って、2歳児のまだ小さな身体への負担はどれほどのものだったのか、と。

当の歯科医院の名前は?



これ、本当に。なんで?

被害者の方は実名と素顔が全国に晒されているのに、問題の歯科医院の名前は公表されていません。


パパ・ママができる子供の虫歯予防習慣


2歳女児 虫歯

そもそも虫歯ができる原因とは、公益財団法人母子衛生研究会によると「虫歯は虫歯菌が糖分をもとに作った酸で歯の表面を溶かしてできる」とされています。

この虫歯菌ですが、生まれたばかりの赤ちゃんにはもともと虫歯菌はなく、両親や周りの人の唾液から感染します。

ますは赤ちゃんの口内に虫歯菌を入れない


生まれたばかりの赤ちゃんの口中は、虫歯菌ゼロです。

しかし、7割は母親から、3割は祖父母などからスプーンや食物を共有したりすることで唾液により感染します。

親も子も虫歯が多いのは遺伝と誤解されがちですが、虫歯は虫歯菌が媒介してうつる感染症なのです。

乳歯が虫歯になれば、永久歯にも虫歯菌は受け継がれるので、歯が生え始める8カ月目頃から、虫歯菌に感染しないように親が留意することが大切です。

時間を決めてダラダラ食べをしない


唾液は食べかすを流すだけでなく、虫歯の原因となる酸を中和させる働きがあります。

食事の間隔を開けることで、口の中の酸を中和させて歯を修復させることができます。

つまり、ダラダラといつまでも口の中に食べ物が入っている状態にならないようにすることが重要です

特に飴、ガム類、はお口の中に存在する時間が長いので特に注意が必要です。

親の仕上げ磨き


夜は唾液が減るので寝る前の歯磨きは念入りにしましょう。

子どもの磨き足りないところ、汚れがあるところなどは特にケアを。

子ども一人でできるようになる8~9歳までは親の仕上げの歯磨きを続けて欲しいところです。

私も子どもに1日1回就寝前に念入りに歯磨きをするようにしています。

幼児用デンタルフロス(糸ようじ)も積極的に使用して、歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯の隙間の汚れも落とすようにしましょう。

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいためプラーク(歯垢)が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。

この歯間部のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除くことができませんが、歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシを使うと90%近くのプラークを取り除くことができます。


関連ツイートまとめ


福岡県内の歯科医院で起きた今回の2歳女児死亡事故について、Twitterから口コミを集めました。


さいごに、僅か2歳で亡くなられた女の子に心よりご冥福をお祈りいたします。

二度とこのような悲惨な事故が起こらないよう関係各所の方々には再発防止に努めて頂きたいと願うばかりです。


おすすめ記事



この記事へのコメント