なぜ節分の日に豆まきをする?節分の行事や意味とは?

2月3日節分の日です。

節分の日では豆まきをしたり、恵方巻きを食べて福を呼び込むための行事ですが、

節分での正しい作法意味についてご紹介します。

節分の恵方巻きに関してはこちらの記事にまとめていますので参考にどうぞ。
関連記事:節分恵方巻きの正しい食べ方とルールとは?

スポンサードリンク






節分の意味とは?


節分とは、『季節を分ける』という意味があります。

暦のうえでは、2月4日の『立春』から春になります。

その立春の前日が季節を分ける日、『節分』です。

本来、節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、春を迎えるということは新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったことから、室町時代あたりから節分といえば、春の節分が行事として定着したと言われています。


なぜ節分の日に豆まきをするのか?


季節の変わり目には鬼が出ると言われていて、節分に豆をまいて鬼を追い払うのは、室町時代から続いています。

なぜ豆をまくのかについては、いくつかの説があります。


  • 昔から米や豆には、邪気を払う力があると言われています。豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うために、豆をまくようになった。

  • 昔、鞍馬山の近くの鬼が村人たちを困らせていました。その時に鬼を追い払うのに豆を使ったことから、豆をまくようになった。

  • 鬼が暴れている時に、神様のお告げで豆を鬼の目に投げたら、鬼を退治する事に成功した。



ちなみに、豆まきの豆は必ず炒った豆を使いましょう。

豆を炒る理由は、先程の【豆=魔目】を炒る事で、鬼をやっつける意味があります。【炒る=射る】にも通じると言われています。

つまり、新しい季節(立春)を迎える前日(節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を追い払い、福を呼びこもうというわけです。


鬼とは?


『豆まき』は『鬼を追い払うための行事』です。では、鬼とは何を意味しているのでしょうか?

実は、鬼とは『陰(おん)』『穏(おぬ)』に由来する言葉です。

『陰』『穏』とは、目に見えない邪気のことで、昔は病気や災害などの災いは『鬼』の仕業だとされてきました。

季節の変わり目に舞い込む鬼を追い払うための豆まきは、無病息災を願う行事でした。


節分に鰯と柊を飾る理由は?


昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用います。そこで、鬼の嫌いなものは「臭い鰯(いわし)の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ焼嗅(やいかがし)という風習がうまれました。

鰯の頭を焼くと、その匂いを嫌って鬼が近寄ってこないのだとか。また、柊の葉は尖っていてさわると痛いので鬼が逃。

最近は焼嗅を玄関先に取りつけるお宅も少なくなりましたが、家の中に飾る方は多いです。また、節分に鰯料理を食べる方も多く、住環境の変化とともに取り入れ方も変わりつつあるようです。


豆まきの正しい作法やルール


豆まきのしかたも千差万別。各家庭でいつのまにかできた我が家のルールがあるものですが、典型的な(家庭版)豆まきのしかたも参考にしてみてください。

●1: 福豆を準備します
……福豆とは炒った大豆のこと。豆を炒り、豆まきをする夜まで枡、」または三方(神様にお供えものをする器)に入れて神棚に供えておきます。

●2:豆まきは夜に行います
……鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜が適しています。必ず家族全員揃ってから行いましょう。

●3:豆を撒くのは一家の主人
……本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でどうぞ。

●4:「鬼は外!福は内!」と豆を撒く
……家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中に撒きます。奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして最後は玄関まで撒きましょう(口上、回数、順番などは地方によって異なりますし、珍しい事例がたくさんあります)。胸の辺りで枡を持ち、そこから撒くような感じで撒きましょう。


スポンサードリンク





この記事へのコメント