柊鰯(ひいらぎいわし)って何?節分の飾りと作り方

2月3日と言ばは「鬼は外~福はうち~」の節分ですね。

節分っていうと↑の豆まきをまず思い浮かべる人も多いでしょう。

その節分の日に飾られる「柊鰯」(ひいらぎいわし)って知っていますか?

スポンサードリンク






節分飾りの「柊鰯」って何?


柊.jpg
節分飾りの中でも珍しがられるのが「柊鰯」(ひいらぎいわし)です。地域によって焼嗅(やいかがし)とも言われています。

柊鰯とは、柊の葉っぱが付いた枝に、鰯(イワシ)の頭を刺した節分用の飾りのことです。

柊とはトゲトゲした葉っぱです。家の鬼門にあたる場所に木を植えているご家庭も多いですよ。

最も古い記録は935年の平安時代と言われています。江戸、明治と、約1000年以上も日本に伝えられる風習の一つなんです。

『ひいらぎいわし』をしている家庭も少なくなりましたが、お年寄りが住んでいるお宅などではまだやっている家があります。

この『ひきらぎいわし』を玄関に飾ると鬼が嫌がるという説があります。その他にも病気になりませんようになどの意味もあるとされています。


柊鰯の飾り方


鰯.jpg
柊鰯はどこに飾るとものなのでしょうか?

柊鰯は鬼除けのお守りとして飾るので、家の入口にあたる玄関に飾ります。

関西地方では節分の日にイワシを焼いて食べる風習があります。この事を節分いわしと呼んでいます。

焼いたイワシの頭を柊にぶっ刺し・・それを玄関の外へ飾るそうですよ。

鰯を焼く際に出るあの何ともけむたい煙の臭いが鬼さんが嫌う臭いだそうで、鬼を近づけないという意味があります。

匂いになんか負けるもんか!と鬼が近寄ってきても柊のトゲトゲの葉っぱで鬼の目を差すといわれています。


柊鰯の作り方


柊鰯.jpg
柊鰯の作り方はいたって簡単!

用意するもの
①イワシの焼いた頭
②トゲトゲの葉がついた柊の枝

以上w

用意するものもいたってシンプルですね。

家に柊の木を植えている人はちょっとだけ頂戴しちゃってください^^

もし柊の枝なんか植えていないよwという人も、最近では花屋さんやスーパーなどで売っています。

柊の枝に焼いたイワシの頭をグイっとさすだけでOK。ただ柊の葉っぱは凄いトゲなのでやるときは注意してね。

できれば大人の人がやったほうがいいかもしれないです><

子供だとちょっと危険かも><

イワシの頭を柊の枝にさしたら玄関の外(玄関のドアの上の方や横)に飾ってくださいね。


節分飾りの折り紙作り方


節分には折り紙で飾りを作ってみるのはいかがですか?

お子様と一緒に簡単に作れる折り紙は手軽で最適です。

上手に折れたら、玄関やリビングに飾ってみるといいですね。

季節感を感じる玄関の飾りはお客さんにとっても嬉しいものです。

それでは、節分の鬼など節分飾りの折り方をご紹介します。





折り紙は事前に様々な色を沢山用意しておくと良いです。


節分飾りまとめ


節分の日に飾るものといえば「柊鰯(ひいらぎいわし)」、焼いたいわしの頭と柊の枝を用意します。

ヒイラギにイワシの頭を差して玄関の外へ飾りましょう。

病魔を払う、邪気を払うなどの意味があり古くからの風習です。

ぜひみなさんのお宅でも節分の日には、柊いわしを飾って鬼をやっつけましょう~♪


スポンサードリンク





この記事へのコメント