転用のメリットをコスパで考える!フレッツ光からコラボ光にしたら月額ウン千円も安くなった!

フレッツ光からコラボ光に転用するメリットをコスパ重視で考えると、いったいどれくらい月額が安くなるのかを解説しながらご紹介します。

転用はフレッツ光回線をそのまま使います。手続きはWEBのみでオケ。超絶簡単。

なので、工事無しでフレッツの解約金も違約金もかからなくてモデム交換も無くてひかり電話もフレッツテレビもそのまま使えてキャッシュバックでウン万円もらってスマホセット割引でなんか携帯料金まで安くなって、、、いやwコスパ最高過ぎwマジ転用ってメリットしかないな!(実際はデメリットもちゃんとあります後述)

「コスパ考えたら普通に転用しませんか?」

私からすると「勿体無い人」=「フレッツ光の人」がまだ全国1000万件もいるんですよね。

今フレッツ光を利用中で転用を考えている人、転用したら毎月のインターネット代がどれくらい安くなるのか気になる人は、本文をお読みいただきましたらさっさと転用しましょうw


スポンサードリンク





転用メリット①|月額料金が安くなる。


転用メリット月額料金
転用する時に最初に気にするところじゃないでしょうか、ランニングコストって。

やっぱり転用するメリットとして、回線やサービスはそのままで毎月の通信費が安くなることは重要なポイントですよね。

例としまして、フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合

◾️フレッツ光+プロバイダYahoo!BB
・戸建6,700円
・集合4,250円

◾️ソフトバンク光
・戸建5,200円
・集合3,800円

戸建タイプで1,500円、集合タイプで450円も毎月安くなります。(ひかり電話等オプションは除く)

フレッツ光を転用してコラボ光にした場合、ホームもマンションも平均1,000円くらいはどのコラボ光にしても月額料金が安くなるメリットがあります。

これは、フレッツ光の場合NTT東西とプロバイダ会社にそれぞれサービス利用料金を支払っていたのが、コラボ光の場合プロバイダ一体型サービスなので、支払いが一本化されてコストカットできるからです。


転用メリット②|スマホ代も安くなる。


転用メリットスマホ代安い
転用をすることでスマホの月額料金が安くなるというメリットもあります。

光回線でスマホ代が安くなる?と思う人もいるでしょうが、 NTTはもともと国営会社です。

市場を独占させないように、法的な規制でNTTは他の会社と業務提携を結べませんでした。

先に携帯電話とのセット割引を仕掛けたKDDIとSoftbankが猛烈に追い上げてNTT衰退…

結局、2015年にNTTの法律縛りが緩和されたことで、光コラボレーションが始まったという流れですね。

ドコモ携帯ならドコモ光


docomoのケータイやスマホを使っているなら【ドコモ光】を選ぶと、「ドコモ光パック」が適用されて、スマホのデータシェアパックの料金から500円〜3500円(データシェアプランに応じて)永年割引されます。

ドコモ光で契約できるプロバイダは25社(2018年5月現在)ありますが、ドコモ携帯とのセット割引にはどのプロバイダで契約しても同じ条件です。

▼ドコモ光GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちらのバナー限定


関連記事:ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?他社にはない特典付きプロバイダが面白い‼︎

ソフトバンク携帯ならソフトバンク光


Softbankのケータイやスマホを使っているなら【ソフトバンク光】を選ぶと、「おうち割」が適用されて、家族のソフトバンクスマホの基本料金から500〜1000円永年割引されます。

割引対象は家族内で最大10回線です。

NURO光もソフトバンクと提携しているので、ソフトバンク携帯とセット割引になるのですが、フレッツ光から転用できないので気をつけましょう。

▼ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンはこちらのバナー限定


関連記事:単身者にはソフトバンク光よりSoftbank Airがおすすめな5つの理由

au携帯ならSo-net光かBIGLOBE光


auのケータイやスマホを使っているなら【So-net光】か【BIGLOBE光】を選ぶと、「スマートバリュー」が適用されて、家族のauスマホの基本料金から500〜1000円永年割引されます。

割引対象はソフトバンクと同じ家族内で最大10回線です。

auと言えばKDDIが提供するauひかりですが、NURO光と同じくフレッツ光から転用することはできません。

▼So-net光のキャッシュバックキャンペーンはこちらのバナー限定


関連記事:So-net光コラボレーションとフレッツ光比較!初期費用・月額料金・速度や評判はどう?

▼BIGLOBE光のキャッシュバックキャンペーンはこちらのバナー限定


関連記事:BIGLOBE光はIPv6対応で勝ち組プロバイダ?ネット速度・初期費用・月額料金・キャンペーンを徹底解説!


転用メリット③|工事費・違約金が無い。


転用メリット工事費違約金
光回線を使うためには開通工事が必要です。(一部無派遣工事など例外あり)

キャンペーンなどで工事費0円とかやっていることもありますが、基本かかります。

初期費用として工事費がかかる場合、18,000〜30,000円くらいが相場でプロバイダによって多少の違いがます。

転用の場合はフレッツ光回線をそのまま利用するので、工事もなければ工事費も当然0円というメリットがあります。

また、フレッツ光は「にねん割」という2年縛り契約をしている人が多いのですが、転用の場合はこの2年縛り契約の違約金も解約金もかかりません。

注意点として、フレッツ光で契約していたプロバイダを解約した場合には、プロバイダの違約金がかかる可能性はあります。

プロバイダの違約金や解約金がかかるかどうかは契約していたプロバイダや契約プランによって変わりますので、事前に電話で確認しておくことをおすすめします。

転用でも全部が全部無料ではないので、この辺りは転用デメリットとして別記事でまとめたいと思います。

関連記事:転用するならこれだけは知っておきたいフレッツ光からコラボ光のデメリット!得する人、損する人ってどんな人?


転用メリット④|無線LANルーターとかセキュリティソフトが無料でついてくることがある。


転用メリット無線LANルーター
地味に嬉しいオプションとして、光コラボレーション事業者によっては通常有料オプションである無線LANルーターやセキュリティソフトが無料で使うことができるというメリットがあります。

今やインターネット接続の大半はスマホやタブレットですよね。

そこで必須となのがWi-Fi環境ですが、光回線の場合は無線LANルーターが必要です。

契約する光コラボレーションによってはこれを買わなくても無料で使えるところがあります。

セキュリティソフトもあると便利なので、やはり無料で使えたら嬉しい特典だと思います。


転用メリット⑤|キャッシュバックがある。


転用メリットキャッシュバック
メリットと言えばやっぱりわかりやすいのがお金ですよね。

だって生きていく為には絶対に必要だし、いくらあっても困るものでもないし、嬉しくない人はいないでしょw

フレッツ光からコラボ光へ転用する場合、高額キャッシュバックキャンペーンがあるところがほとんどです。

キャッシュバック金額は5,000〜20,000円くらいは貰えますが、中には代理店サイトから申し込めば現金で50,000円オーバーなんかもあります。

これ臨時収入としては結構大きな金額ですよね。現金ですからね。


まとめ:転用のメリットをコスパで考えたら毎月3000円も安くなった!


転用メリットコスパ
フレッツ光から転用した場合

  • 夫婦でソフトバンクスマホ2台
  • ソフトバンク光へ転用

この条件なら通信費が3,000円は安くなります。毎月です。

3,000円あったら近所のくら寿司で子供連れてもお釣りがきますw

転用は簡単な手続きをたった1回やるだけで、毎月子供にプチ贅沢なランチを食べさせてあげられるメリットがあります。

あなたにおすすめの記事


スポンサードリンク





こちらの記事も読まれています



この記事へのコメント

  • フレッツ光からソフトバンク光にしたら毎月のコストは下がった。工事もなく特に面倒なこともなかったから、転用考えてる人はやるべき。
    2018年08月07日 19:53