Appleからのメール(info@twitter.com)はなりすましのフィッシング詐欺メールだからご用心!

オイ、詐欺師野郎(info@twitter.com)!ふざけんな!

と言うことで、あたかもAppleからのメールみたいに装い、登録されている「Apple ID」や「パスワード」など個人情報を盗むフィッシング詐欺のメールが出回っています。

Appleを名乗り、info@twitter.comから送られたメールは100%詐欺ですのでくれぐれも用心してください。






私に届いた「Apple請求情報が更新されました」通知メール


差出人:Apple(info@twitter.com)
件名:お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました.


Appleフィッシング詐欺.png

突然このような文面のメールがAppleから送られてきたら、普通不安に感じますよね。

このような不安を煽るメールの場合には、まずは「フィッシング詐欺かもしれない」と疑う必要があります。

フィッシングとは、誰かになりすましてユーザー情報(パスワード・クレジットカード情報など)を奪うために行われる詐欺行為のことです。

慌ててメールからリンク先に飛んだり、無暗にパスワードや暗証番号などを入力しては絶対にいけません。

まずは落ち着きましょう。

私も慌ててURLリンクからAppleパスワードを入力してログインしようとしましたが、

「ん??」

よく見たら差出人がAppleと表示されているのに、メールアドレスは「info@twitter.com」だと気づきました。

Apple からの Apple ID に関するメールアドレスは、必ず「appleid@id.apple.com」から送られます。


フィッシングメールを受信した場合


詐欺師は、正規の企業が配信したメールやテキストメッセージとそっくりな文面を使い、狙った相手に個人情報やパスワードを入力させようとします。

思い当たるふしのない疑わしいメールを受け取った場合、本文中のリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりしないでください。

フィッシング詐欺のよくある兆候は以下の通りです。

・送信者のメールアドレスや電話番号が、正規の会社の名前と一致しない。
・正規の会社に登録してあるメールアドレスや電話番号とは異なるメールアドレスや電話番号に連絡が来た。
・「お客様各位」など、メッセージの挨拶部分が一般的な表現になっている。正規の会社の多くは、お客様個人宛てのメッセージにはお客様本人の名前を記載します。
・一見正規のリンクに見えるが、正規の会社の Web サイトのアドレスとは異なるアドレスの Web サイトにジャンプする。
・メッセージの見た目が、正規の会社から届いたほかのメッセージと大きく異なっている。
・クレジットカードやアカウントのパスワードなどの個人情報を要求される。
・思い当たるふしのないメールにファイルが添付されている。

心配であればAppleにフィッシング詐欺やその他の疑わしいメッセージについて Appleに報告する事が出来るそうなので、下記のURLを参考にして下さい。

フィッシングメール、ウイルス感染の偽警告、偽のサポート電話などの詐欺に遭わないようにする
https://support.apple.com/ja-jp/HT204759




この記事へのコメント