たったの3分でわかる格安SIMへのMNP(乗り換え)手順カンタン4STEP!

携帯会社がドコモ、au、ソフトバンクの方は格安SIMに乗り換えるだけで毎月の通信費が数千円単位で劇的に安くなります。

実際に私の周りでも「格安スマホに変えたらスマホ代が半額になった」という人もいます。

しかし、安くなるのはわかっていても携帯電話会社を乗り換えるのって手続きが面倒くさいと思われる方も多いようです。

そこで家電量販店と携帯ショップでスマホ販売をしていた私が、たったの3分でわかる大手キャリアから格安SIMに乗り換えする手順を4つのステップで説明します。







そもそもMNPとは?


そもそもMNPとは何でしょう?携帯ショップで「MNP一括0円!」みたいな広告は目にしますよね。

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、日本語にすると携帯電話番号ポータビリティ。「のりかえ」とも言われます。

簡単に言うと、携帯電話会社を変更しても今の電話番号は変わらないよ!という制度のことです。

例えばドコモを使っている人が格安SIMにMNP(乗り換え)した場合、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号(070、080、090)を格安SIMでもそのまま使うことができるようになります。

格安SIMへのMNP手順がこちら。

①MNP予約番号を取得する

②身分証とクレジットカードを用意する

③格安SIMにWEBで申し込み

④SIMカードが到着したら開通作業

順に詳しく説明していきます。


STEP1:現在の携帯会社で「MNP予約番号」を取得する


最初のMNP(乗り換え)手順として、現在の携帯キャリアで「MNP予約番号」をとります。

MNP予約番号を取得する方法は、電話、ウェブ、店舗の3つの方法がありますが、ソフトバンクとauでは、ウェブ経由でMNP予約番号を取得できるのはガラケー契約者のみです。

つまり、電話で取得するのが一番カンタンです。

以下、大手キャリアのMNP予約番号受付窓口の連絡先です。

● ソフトバンク
一般電話から:0800-100-5533
ソフトバンク携帯電話から:*5533
受付時間:9時~20時

● ドコモ
一般電話から:0120-800-000
ドコモの携帯電話から:151
受付時間:9時~20時

● au
一般電話・au携帯電話から:0077-75470
受付時間:9時~20時

MNPの予約番号を取っただけなら、キャリアを解約をしたことにはなりません。気が変わって現在のキャリアをやっぱり継続したいと思ったら、そのまま放置でOKです。

実際に他社の携帯会社でMNP手続きをしなければ、料金が発生することもありません。


STEP2:申し込みに必要な3つの書類を用意する


続いて、格安SIMの申し込みに必要な3つの書類を用意します。

①MNP予約番号
MNP予約番号は発行されてから15日間の有効期限が設定されています。

しかし格安SIMの申し込みには有効期限が10日以上残っていなければ契約できないところも多いので、余裕をもって手続きをするようにしましょう。

②本人確認書類
本人確認書類は下記のいずれか1点となります。

・運転免許証
・日本国パスポート
・健康保険証
・個人番号カード
・身体障がい者手帳
・在留カードまたは外国人登録証明書

③本人名義のクレジットカード
格安SIMを購入する際には本人名義のクレジットカードが必要です。

一部の格安SIMで銀行などの口座振替にも対応していますが、手続きに時間がかかり選択肢も少なくなるので、クレジットカードで支払うことを強くお勧めします。


STEP3:格安SIMを申し込む


申し込みに必要な書類が揃ったら格安SIMを申し込みしましょう。

格安SIMが申し込みできる窓口はリアル店舗だと取り扱っているところが大きな家電量販店など限られます。

そこでおすすめの方法がスマホやパソコンからできるWEB申し込みです。

WEB申し込みならわざわざ出掛けなくても自宅で手続きができますし、必要書類さえ揃っていれば24時間いつでも申し込みが可能です。

あわせて読みたい


STEP4:SIMカード到着後に開通作業をする


格安SIM MNP 手順

申込後、長くても1週間以内にSIMカードと、セット購入の場合はスマホが郵送されます。ちなみに格安SIMシェア第1位の楽天モバイルだと最短で2日、配送日時の指定も可能です。

SIMカードが到着したら、同封の説明書や公式サイトの設定マニュアルに従って開通作業をします。

開通作業と聞くと面倒くさそうですが、届いたSIMカードをスマホに差して、契約した格安SIM会社のコールセンターやマイページから回線の切り替え手続きをするだけ!

私の友人は結構な機械オンチですが、ネットで調べながらやっても10分くらいで設定は完了できたと言ってます(SIMカードをスマホに入れるのに四苦八苦したみたいですけど…)。


まとめ


格安SIM MNP 手順

同じ携帯電話会社で機種変更するよりも、電話番号そのまま格安SIMへMNP(乗り換え)するほうがキャッシュバックやスマホ本体代金の割引などキャンペーン特典が付くから断然安くお得に使うことができます。

「特にこだわりはないけどずっと同じ携帯電話会社を使っているから」「携帯料金が毎月高くて困っている」など、そんな人にMNPは大変おすすめです。

乗り換えは手順がわからないから「なんとなく面倒くさい…」と思われがちですが、手続きの手順さえわかればカンタンです。

格安SIMが気になっていた方はこれを機にぜひもっとお得に新しいスマホに乗り換えしちゃいましょう!

あわせて読みたい


人気の格安SIMおすすめ3社はこちら


おすすめ第1位:UQモバイル



■おすすめポイント
1.格安SIMの中で通信速度が「断トツ速い」
2.節約モードでインスタもTwitterも「データ消費0」
3.5分以内の電話かけ放題「おしゃべりプラン」

■こんな人におすすめ
1.「通信速度」は絶対に速いほうがいい人
2.格安SIMで「安さ」より「品質」を重視する人
3.電話は「5分以内」で終わる人


あわせて読みたい


おすすめ第2位:LINEモバイル



■おすすめポイント
1.LINE・Twitter・インスタ・Facebook全て「データ消費0」
2.ソフトバンク回線の「通信速度」がトップクラス
3.LINE Payカードがあれば「クレジットカードなし」でOK

■こんな人におすすめ
1.1日15分以上SNSを見る人
2.連絡手段は「LINE」と「LINE電話」がメインの人
3.クレジットカードを持っていない人


あわせて読みたい


おすすめ第3位:mineo



■おすすめポイント
1.ドコモ・au・ソフトバンクの「トリプルキャリア対応」で使える端末が多い
2.格安SIMで弱い「サポート体制」が万全
3.余ったパケットをあげたり貰ったりできる「パケットフリータンク制度」

■こんな人におすすめ
1.今と同じように「ドコモ・au・ソフトバンク回線」を使いたい人
2.格安SIM会社の中でも「安さ」を重視する人
3.格安SIM初心者で乗り換えに「不安」がある人


あわせて読みたい


おすすめ記事



この記事へのコメント