ドコモのスマホ子機「ワンナンバーフォン ON 01」実際に使った感想は?評判・機能・デメリット


ドコモのスマホ子機として使える携帯電話「ワンナンバーフォン ON 01」について、評判・機能・デメリットをご紹介します。









ワンナンバーフォン ON 01はスマホ子機


ワンナンバーフォンとは?



NTTドコモから2018年10月26日に発売されたZTE製「ワンナンバーフォン ON 01」は、スマートフォンの「子機」に対応した携帯電話です。

子機なので電話番号は当然メインとなるスマートフォンと同じになります。

これにより、親機であるAndroidスマホを自宅やオフィスに置いたまま、外出先で子機としての使用が可能となります。

今までにありそうでなかったサービスですが、結構需要はありそうな気がしますよね。


ワンナンバーフォンを利用するには?



ワンナンバーフォンを利用するには親機となるドコモのスマートフォンが必要です。

auやソフトバンクの人はごめんなさい。

月額500円の「ワンナンバーサービス」を契約すればOK。

初期設定にはAndroid用アプリが必要なので、親機のスマートフォンがiPhoneだと対応しないのが残念。


ワンナンバーフォン ON 01の性能は?


ワンナンバーフォン ON 01の基本スペックです。

サイズは約54×110×7.0mm、重量は約55g。本体前面には約1.5型の有機ELディスプレーと、物理テンキーやカーソル、決定キー、機能キーが並んでいます。

ボディーはいかにもプラスチッキーな質感ですがそこまで安っぽさはありません。

ロセッサーはSnapdragon 210(1.1GHz、クアッドコア)、メモリーは512MB、内蔵ストレージは4GBと、最新のスマホに比べると正直非力ですが、機能が絞られているのでキビキビと動作します。

バッテリー容量は548mAhで、連続待ち受け時間はLTEで約155時間、連続通話時間は約130分。テザリング不可で使える機能も限定されているので、長電話をしない限りはそこまでのバッテリー不足はなさそうです。


ワンナンバーフォン ON 01の評判・口コミは?


小型で持ち運びに便利なワンナンバーフォンですが、サービス開始前から結構話題だったので使ってみた感想など気になりますよね。

実際に購入された方の評判やレビューを覗いてみましょう。


うん…最近はLINEやSNSでの連絡が多いからね。


この「大体の時間がわかる時計機能」は誰得ですか?


旬な話題、ドコモのワンナンバーフォンは中国ZTE社の製造です。ま、大丈夫でしょう!


ワンナンバーフォンよりもっと薄い小さい軽いスマホがあれば、そもそもワンナンバーフォンいらない説…。


まとめ



NTTドコモの「ワンナンバーフォン ON 01」はスマホの子機として使うことができる携帯電話です。

親機と同じ電話番号を2台で使うから、ジョギングやスポーツジムなどに親機のスマホを持たなくても、ポケットサイズのワンナンバーフォンで電話を受けたり、メールを確認したりができます。

利用するには本体端末の購入(約1万円)と、「ワンナンバーサービス」というドコモのオプション(月額500円)を申し込むだけでオケ。

実機を触りたかったのに、なぜか近所のドコモショップにもコジマ電気にも展示されておらず…(残念)

あなたにおすすめの記事



この記事へのコメント