ワイモバイルで基本料金以外にかかる費用って何がある?初期費用・事務手数料・解約金など負担金額まとめ

これから格安SIMのY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えを考えている方にとって気になるのはやっぱり「お金」の不安。

しかし携帯電話の契約って「初期費用」とか「契約期間」とか「違約金」とか…料金に関する専門用語がけっこう多くて難しいんですよね。

ワイモバイルって初期費用あるの?いくらかかる?他にお金かかるときってどんなとき?解約してもOKなタイミングは?

そこで今回はワイモバイルの契約前に知っておきたい基本料金以外にかかる費用について、初期費用・手数料・解約違約金などあなたが支払う必要のある料金と金額をまとめました。

急に知らない請求がきて困らないようにこちらの記事でしっかりと確認しておきまっしょい。

あわせて読みたい







ワイモバイルを新規契約するときにかかる費用


  • 契約事務手数料:3000円

大手キャリアと同様にワイモバイルでも新規契約するときにかかる初期費用として「契約事務手数料」があります。

ワイモバイルの契約事務手数料3000円というのは税抜き金額なので、実際に支払うのは消費税込みで3240円です。

契約事務手数料はワイモバイル契約時にその場で支払うものではなく、サービス開始月の月額料金に合算して請求されます。

他社格安SIMでは新規契約時に発生することが多い「SIMカード発行料」や「SIMカード準備料」といった手数料はかかりません。

Amazonなどで購入できるSIMスターターキットを利用することで、契約事務手数料3000円が無料になります。

SIMスターターキットとは音声通話SIMやデータ通信専用SIMなどSIMカード単体で契約する場合に購入するものです。

【ネコポス】 ワイモバイル SIMスターターキット(nanoSIM)

価格:950円
(2019/3/8 09:52時点)


あわせて読みたい


他社からワイモバイルに乗り換えするときにかかる費用


  • 契約事務手数料:3000円
  • MNP転出手数料:ドコモから2000円・au・ソフトバンクから3000円

他社携帯電話から違約金が発生しない月にワイモバイルにMNP(乗り換え)するときの料金は、MNP転出手数料とプラン申込手数料の2つです。

ワイモバイルに転入する際に転入手数料はかかりませんが、そのかわりに乗り換え前の携帯会社からMNP転出手数料が請求されます。

MNP転出手数料はワイモバイルへ乗り換え前がドコモなら2000円、au・ソフトバンクなら3000円です。

それと新規契約と同じくMNP(乗り換え)の場合でも契約事務手数料として3000円がかかります。

他社携帯電話から違約金が発生しない月にワイモバイルに携帯電話番号ポータビリティ(MNP)するときにかかる費用は合計で5000円~6000円+税です。

他社携帯電話が最低利用期間内または更新月以外のため違約金が発生する場合は、別途契約解除料金がかかります。

  • ドコモの違約金:9500円
  • auの違約金:9500円
  • ソフトバンクの違約金:9500円

大手3キャリアの契約解除料金は9500円(税抜)です。格安SIMでも最低利用期間内の解約・転出であれば9000円前後の解約違約金が発生します。

他社携帯電話で違約金が発生するタイミングでワイモバイルに携帯電話番号ポータビリティ(MNP)するときにかかる費用は合計で1万4500円~1万5500円+税です。


ワイモバイルを解約するときの違約金


ワイモバイル 解約金

ワイモバイルは「サービス開始日の翌月1日から24ヶ月間」の最低利用期間があります。例えば1月にワイモバイルを契約した場合は2年後の1月31日までが最低利用期間となります。

最低利用期間内でワイモバイルの解約、もしくは他社スマホへ乗り換えした場合、解約手数料(契約解除料)として9,500円の違約金が発生します。

ワイモバイルを契約して25ヶ月目は違約金が発生しない更新月です。つまり、ワイモバイルを解約するなら契約から2年後の翌月が最適なタイミングと言えます。

更新月に解約の申し出がなければ、新たに2年契約がそのまま自動更新されます。


まとめ


ワイモバイル 初期費用
Y!mobile

以上、ワイモバイルで基本料金以外にかかる費用についてのご紹介でした。

ワイモバイルを実際に利用した口コミ・評判については下記の記事でまとめています。

あわせて読みたい


大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいけど、やり方とかわからなくてちょっと不安…という方は下記のページも参考にしてみてください。

あわせて読みたい


おすすめ記事



この記事へのコメント