auひかりの工事費は実質無料であってホントは無料じゃないから気をつけろ!

「俺、auスマホだから〜家のインターネットはauひかりがスマホとセットで安くなるから断然お得だよね!あ、あと今なら工事費無料(←これが罠。)らしいぜ!ラッキー‼︎」

無料」と「実質無料」は似て非なるもの です。

auひかりでは通常光回線を契約すると必ず発生する初期費用の光ファイバー引き込み工事代が実質無料になるキャンペーンを実施中です。

今使っているインターネットから乗り換えを考えている人も、引っ越しなどで新規に契約を考えている人にも工事費無料はあると嬉しいキャンペーンの1つですよね。

但し、実質無料なので、キャンペーン期間中に申し込めば全ての人が工事費0円になるわけではありませんので気をつけてください。

工事費無料だからとよく調べずに契約すると、auひかりを辞めるときに7万くらい請求される可能性がありますよ。

こちらの記事ではauひかりの工事費が実質無料になる条件と、他社光回線のドコモ光やソフトバンク光はどうなのかも合わせてご紹介します。

スポンサードリンク






auひかりの工事費が無料になる条件とは?


auひかり工事費無料

auひかりの工事費


auひかりの工事費は

ホームタイプだと37,500円です。一括または60回分割が選べます。

仮に分割を選ぶと、毎月の基本料金に工事費分割625円が上乗せされて、工事費無料キャンペーン適用で625円×60回が割引され、実質無料になります。

マンションタイプだと30,000円です。一括または24回分割が選べます。

仮に分割を選ぶと、毎月の基本料金に工事費分割1,250円が上乗せされて、工事費無料キャンペーン適用で1,250円×24回が割引され、実質無料になります。

わかります?

ホームタイプなら5年間、マンションタイプでも2年間使わないと工事費分割が残ります。

もし1年で引っ越しや解約した場合


ホームタイプで契約した場合、引っ越しなどで1年でauひかりを解約すると、残り48回分の工事費3万円は負担しなければなりません。

「あれ、工事費無料じゃないの?」→5年使ったらねW

あと契約期間が3年(マンションタイプは2年)なので、更新月以外での解約には契約解除料15,000円が別途かかります。更に、回線撤去費として28,800円も負担してもらいます。

工事費の残り+解約金+撤去費=MAX7万円オーバーWWW

ご利用は計画的に。


ドコモ光やソフトバンク光は?他社光回線の工事費キャンペーン


インターネット.jpeg

ドコモ光


ドコモ光の工事費は

ホームタイプだと18,000円
マンションタイプだと15,000円

です。

auひかりと同じで一括または分割が選べますが、今なら工事費無料キャンペーン中なので工事費は0円です。




ソフトバンク光


ソフトバンク光の工事費は

ホームタイプでもマンションタイプでも24,000円です。

今なら工事費無料キャンペーン適用で、24,000円のキャッシュバックまたは1,000円×24回の月額利用料金の割引があるので、こちらは実質無料になりますね。

auひかりと同じく実質無料ですが、auひかりよりも良心的で、キャッシュバックを選択した場合は仮に1年で解約しても±0円になるので、負担はありません。




まとめとして


auひかり工事費無料
auひかりはNTT系の光回線(フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光など)よりも回線速度の優位性があり、auスマホユーザーならスマートバリュー適用で携帯料金が安くなるauひかりはおすすめですが、引っ越しの可能性がある人には工事費負担や解約金が大きいauひかりはおすすめしません。

関連記事:フレッツ光はオワコン?光回線ならauひかりが圧倒的に優位な理由が意外と知られていない件

ご自宅のインターネットをauひかりに乗り換えを考えている方や、引っ越しなどで新規契約を検討されている方は申込みをするところを注意してください。

申込みをする代理店選びを失敗すると、キャッシュバックで6万円も損をしてしまいますよ。

auスマホをお使いならセット割引で安くなるauひかりがお得!
WEB限定キャンペーン実施中




あなたにおすすめの記事


この記事へのコメント