ネットが遅くてイライラする人必見!高速ネットワークv6プラスとは?IPv4+IPv6 IPoE接続を徹底解説!

So-net光やBIGLOBE光について、twitterなどネットでの評判を見ると、速度不満の口コミをよく見かけます。


「フレッツ光より遅いじゃん!ソネット光オワコンwww」

とか言ってる人はだいたい「v6プラス」を知りません。


スポンサードリンク





v6プラスとは?


v6プラスとは、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とするIPv4/IPv6インターネット接続サービスの総称である。JPNEは、日本のNTT東西のフレッツ網で提供されるIPv6接続サービスの一方式である「インターネット (IPv6 IPoE) 接続」に対応したVNEであり、フレッツに対応したISPは、VNEのサービスをリセールにより提供する。
Wikipedia参照

滅茶苦茶わかりにくいですねよw

「v6プラス」とは、今までの主流であったIPv4接続と次世代ネットワークのIPv6接続の両方のネットワークを使うことができるので、通信混雑が原因の速度遅延が改善されるサービスです。

IPv4接続とIPv6接続を図解するとこのようなイメージでしょうか。

so-net光ipv6

簡単に言うと「今までのネットワーク(IPv4)は利用者が多くなり過ぎちゃったから、もっともっと広いネットワーク(IPv6)も使えるようにしたよ!快適!」という感じです。


PPPoEとIPoEの違いとは?


「PPPoE方式」のネットワーク接続とは、インターネットを使う時にプロバイダの認証が必要となります。

現在主流のインターネット接続方式のため、認証待ちでインターネット接続が混在しやすく、速度が遅くなる原因になります。

一方「IPoE方式」のネットワーク接続の場合、プロバイダによる認証待ちが必要ありません。

v6プラスはこのIPoE方式の接続と、従来のPPPoE方式の接続を組み合わせた次世代ネットワークとして注目されています。


IPv6のメリット・デメリットとは?


IPv6のメリット


インターネットを使うと、「IPアドレス」が割り当てられます。

IPアドレスとは、世界中のどこの誰がインターネットに接続しているのか識別するために、パソコンやスマートフォンなどネットワーク機器に割り当てらるインターネット上での住所のようなものです。

現在主流のIPアドレスはバージョン4の「IPv4」アドレスです。

ですがIPv4のIPアドレスの数は約43億個で近い将来に枯渇してしまいます。

そこで登場したのがバージョン6の「IPv6」アドレスです。

IPv6の数は約340澗個 (約340兆×1兆×1兆個)です。

例えるなら「その辺の石ころにも個別に割り当てることができる」ぐらいの天文学的数字で、事実上無限の数のIPアドレスが作れるため、IPアドレスの枯渇問題が解消されるというわけですね。

IPv6のデメリット


IPv6に切り替えることで、IPアドレスの枯渇問題が解消されるとは言え、IPv4アドレスとIPv6アドレスは似て非なるもので、互換性はありません。

IPv6はセキュリティ、ソフトウェア、サポートなどの面でIPv4ほどまだ充実していません。

またIPv6に完全切り替えした場合、従来のIPv4にしか対応していないサイトが閲覧できなくなります。

IPv4が淘汰されて消滅するまでは両方のIPアドレスを共存させて使う必要があります。(かなり先の話ですが…)

そこで、IPv4とIPv6の並行運用をサポートするサービスが「v6プラス」ということですね。


IPv6プラスを利用するには?


IPv6プラスに対応する主なプロバイダ会社を紹介します。

  • So-net (So-net)
  • @nifty (ニフティ)
  • GMOとくとくBB (GMOとくとくBB)
  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • yahoo!BB(ソフトバンク)
  • DMM光 (DMM.com)


新しいネットワーク(IPoE方式)に接続できるIPv6プラス対応のインターネットサービスプロバイダはまだまだ少ないですね。

このIPv6プラスを利用するには

  • IPv6オプションの申込
  • IPv6対応の「接続機器」

が必要です。

So-net光やBIGLOBE光の速度が遅いと言っている人たちの大半はIPv6接続にしていない可能性が高いです。

IPv6オプションは電話または公式サイトで契約プロバイダに申し込みが必要ですが、月額料金や手数料などはかかりません。

IPv6対応の接続機器は普通に市販のもの(1万円くらい)を買って使うか、各プロバイダでレンタル(月額500円くらい)してもらいましょう。


実際にIPv4接続からIPv6接続に切り替えることで、回線速度の改善が体感できたという口コミも多いです。



まとめ:IPv6プラスに対応した光回線ならインターネットの高速化ができる


So-net光コラボレーションは、IPoE方式によるIPv6接続を利用すればより高速で通信できるようになります。

速度が遅くて悩んでいる人は、IPv6プラスに対応したプロバイダを使っているなら、申し込みするだけで実質無料で高速インターネットを使うことができるので、迷わず切り替えすることをおすすめします。

あなたにおすすめの記事


スポンサードリンク





こちらの記事も読まれています



この記事へのコメント