ソフトバンクの5Gはいつから開始?エリア・対応機種・実証実験まとめ

ソフトバンクの5Gについて、サービス開始はいつから?対応するエリア・対応機種・実証実験とは?を簡潔にわかりやすくまとめてご紹介します。

関連記事:【2018最新】家電女子が選ぶ!おすすめのインターネット回線比較ランキング|戸建編&マンション編








そもそも5Gとは?


5G.PNG

「5G(Fifth Generation、第5世代移動通信システム)」とは、現在規格の検討が進められている次世代の通信システムです。

2020年代にはあらゆるモノがネットワークにつながる時代が来ると言われています。

過去にインターネットが普及したとき以上の変革が起きるとも予想されており、その新たな社会を実現させるために必要不可欠な通信技術として5Gへの期待が高まっています。


5Gになると何が変わる?


商品管理(IoT)


shouhinkanri.PNG

5Gの多接続によって、商品棚にならぶ在庫状況をリアルタイムに把握し、自動発送を行うなど、世の中の「モノ」がネットワークにつながることで効率化、無人化の実現が期待されています。


VR・AR・MR


VRAR.PNG

VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(現実と仮想現実の融合)は、5Gの高速・大容量、低遅延を生かすことでさまざまな表現が可能になり、科学研究、医療、商品開発などの分野で活躍が期待されています。


ドローン活用


doron.PNG

5Gの多接続と低遅延によってコントロール可能台数や範囲が広がり、宅配などの物流への活用が期待されています。


自動運転


jidouunten.PNG

5Gでの超高信頼・低遅延の実現により、通信遅延を短縮化し、リアルタイムで車を制御できることによって、「隊列走行」「完全自動運転」の実現が期待されています。


MIMO技術



大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術により、ひとりひとりに専用の電波を割り当てることで、例えば、通信速度が遅くなりがちだった駅や繁華街などの人が多く集まる場所でも快適なモバイル通信が実現します。


5G実証実験について


ソフトバンク株式会社は、第5世代移動通信システム(以下「5G」)向け候補周波数帯の一つである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得しました。

エリクソン・ジャパン株式会社と協力し、渋谷エリア(東京都渋谷区)において、5Gの実証実験を実施します。

今回の実証実験開始により、ソフトバンクの「5G×IoT Studio」の5G実証実験のフィールドエリアがさらに拡大し、赤坂エリア(東京都港区)と芝大門エリア(同)、品川エリア(同)に加えて4カ所目となります。

本実証実験では、5Gで使用予定の新たな無線インターフェースを採用し、5Gの目標である超高速ブロードバンド通信などの実現に向けて、1人当たり1Gbpsを超える通信ネットワークの動作検証などを実施する予定です。

ソフトバンクは、2016年9月から5Gの有力な要素技術の一つである「Massive MIMO」の商用サービスを世界で初めて提供するなど、5Gの導入に向けてさまざまな最新技術をいち早くお客さまに提供しています。来るべき5GやIoTの時代に向けて、商用サービスで得られた知見の活用や実証実験を通じてノウハウを蓄積し、5Gネットワークの展開時には、実際の商用環境下においても安定したサービスの実現を目指します。


まとめ


ソフトバンクの5Gサービスについて、エリア・対応機種・実証実験などまとめてご紹介しました。


あなたにおすすめの記事


この記事へのコメント